taiwanikeko next

台湾を旅してみつけた「美味しい・たのしい・かわいい」を綴ります。

タグ:カフェ

飲茶レストランは21時半で営業が終了してしまうので、移動してちょっと飲み。 師匠がお洒落なところに連れて行ってくれました。 明日もお二人お仕事だというのに恐縮。そしてありがたい。 東区にあるMoziというバーです。 ここは表向きは理髪店「墨子 」というお店なのだ ... 続きを読む
飲茶レストランは21時半で営業が終了してしまうので、移動してちょっと飲み。
師匠がお洒落なところに連れて行ってくれました。
明日もお二人お仕事だというのに恐縮。そしてありがたい。

東区にあるMoziというバーです。

DSC_3883


ここは表向きは理髪店「墨子 」というお店なのだけれど、夜間、店の奥に進み一見普通の本棚を押すと「Mozi」というバーが表れるという2つの顔を持つお店。
存在は知っていたけれど、あまりバーには行かないから連れてきてもらえてうれしかった。

兄弟大飯店からタクシーでここまで来たけれど、ほんと東区は地図が頭にあまり入っていないから、車窓の風景を見てもいまいちここがどこかわかっていなかったけれど、帰り道、ちょっとだけ歩いたら忠孝敦化駅の忠孝東路にすぐでたのでここだったのかーという感じ。

DSC_3884
DSC_3885


サロンの方にもまだスタッフらしき人がいるけれど、お構いなしに奥へと進みます。

富錦街のお洒落パイナップルケーキ屋さんの「but」とか扉の奥に別の店が!みたいなお店はこの数年じわりじわりと増えていてどこも間違いなく徹底されたお洒落感があるのがすごいなーと思う。
でも入りずらいということもなく、誰でもすっと受け入れてくれるところも素敵なところ。

DSC_3886


結構人がいたので写真はあまり撮らなかったのだけれど、ソファー席やテーブル席カウンター以外の席も充実。大人っぽいカジュアルさが居心地よく感じました。

メニューは豊富で何を選んだらいいのかわからないほど。
普段あんまり飲まないカクテルを頼んでみたら美味しくて、沢山飲ませてくれたので、お言葉に甘えてぐいぐい飲んでしまった。お値段は決して安くありません。
お酒の写真も、メニューの写真もないけれど、確か(もううろ覚え)卵とレモンなどを使ったカクテルだったはず。

とても楽しく笑ったりお話したりしていたら、最終的には声帯がやられすっかり声がでなくなったので解散です。風邪だということを忘れてはいなかったけれどほんと無念。

師匠、楽しい時間をありがとうございました。そしてご馳走様でした!

墨子 I Mozi
住所:台北市大安區忠孝東路四段216巷32弄10號
電話:+886 2 8773 7273
営業時間:12:00〜20:30(墨子)、19:00〜2:00(Mozi/火曜休・金土19:00〜3:00)
FB:https://www.facebook.com/mozisalon/
MAP:https://goo.gl/maps/yULq4wx41B7QofRA7


ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村


お待たせしました。いよいよここから食べまくります。が!しかし!ホステルの1階で無事到着を祝ってハニービールを飲んでいい気分で眠ったはいいけれど 起きたらなんだか喉に違和感!!!えーやだーーーー。涙そしてなんだかわかるんです、ああ、これはちょっと悪化するやつ ... 続きを読む
お待たせしました。
いよいよここから食べまくります。

が!しかし!
ホステルの1階で無事到着を祝ってハニービールを飲んでいい気分で眠ったはいいけれど



起きたらなんだか喉に違和感!!!
えーやだーーーー。涙

そしてなんだかわかるんです、ああ、これはちょっと悪化するやつだ……って。

思い起こせば出発前、家の人がいやーな感じの咳やくしゃみをしていたり、飛行機でもごほごほしている台湾人が近くにいたんですよね……。
この日に限って飛行機でもマスクをしていなくて、深ーく反省。
この時期の移動はやっぱりマスク必須です。そして家の人!!!憎い!!!

くそーーーー(失礼w)って思いながらも、これ以上ひどくならないように、味覚だけはなんとかなくならないようにと一週間頑張ろうと決意。

結局、最後まで風邪は治らず、だんだん声も出なくなるし、ちょっとたぶん途中熱があったり、味覚も完全にない!っていうのは免れたのですが、ノーマルではない感じでした。

それでもこのあと食べまくりのブログになるので、ほんとに風邪??って思われるかも知れないのですが、ほんとはこんなもんじゃないのです。涙
結局風邪は帰国後も3週間ぐらいずるずるとずっと変な声で咳をし続けるという結構悪質なやつでした。

なので今回の10月はわたしにとっては結構不完全燃焼。
(それなのに帰ったら安定の2㎏増だったのが本当に不本意!笑)

でも最後までお付き合いいただけたら幸いです。



さて、前日の夜、チェックしていたFBに上がってきていたのは
トーストサンドが有名なお店「可蜜達Comida北門店」

DSC_3743


もともと台北の繁華街、森林北路にお店を構える人気店なのですが、いつのまにか北門にも支店が出来ていたようです!


台湾好きの方ならばきっとこのビジュアル、見たことあるのでは。というか食べたことある人も多いかな。

DSC_3755


わたしも一度食べてみたい!と思いながらも人気店なのできっと混んでるんだろうなぁ(待つの苦手)と、台北に住んでいた時もここからは離れた場所に住んでいたので、わざわざ行ったことはなかったのですが、なんとホステルからは徒歩5分!行くに決まってる!


お店の場所はマップだとこちら。



路地にあります。


DSC_3742


カフェっぽい可愛い外観で、店内も大きなテーブルとカウンター、2人掛けテーブルが2席ほどと小さいながらも結構な人数が座れるようになっていました。


20191005台北_191007_0015

この日は土曜日だったので結構な混雑ぶり。
午前10時頃だったと思います。
この辺りは土日でもそんなに人は多くないと思うのですが、さすが人気がありますね。

先にレジで注文とお会計をして、番号札をもらい、商品が来るのを待ちます。

メニューはこちら。日本語もあるのでわかりやすいのですが、
20191005台北_191007_0171

あの有名なチーズでろでろサンドが一体どれなのかがよくわからなかったので店員さんに画像を見せて聞きました。笑

そしたらあれは「起司肉蛋雙重奏」というものらしい。
で、辛いのはいる?と聞かれたので「いる!」と答えると、それの辛いバージョンは「鬼椒」というスパイスの入った「鬼椒起司肉蛋雙重奏」らしいです。

周りの人が食べているものを観察しながら待っているとやってきました。

メニューの50番、炭焼きサトウキビミルクティーと鬼椒起司肉蛋雙重奏です。

DSC_3751

中の目玉焼きは半熟かしっかり焼きかを選べるのですが、そこはもちろん半熟で。
豚肉、半熟目玉焼き、ダブルチーズがいい具合にとろけています。パンもちゃんと美味しいのが素敵なところ。

鬼椒は胡椒っぽい味がしました。ただ、通常の4倍くらい入れていそうな感じの胡椒のスパイシーさを感じます。唐辛子の辛いのは好きだけれど、これはちょっと胡椒の辛さが際立つ感じがして、次回はなしの方でもいいかな、と思ったのが個人的感想。

ビニール手袋をくれるのでそのまま手でがぶりついて食べるのですが、一気に食べ終わるくらいの美味しさでした!
こういう豚肉のソテーが入っているサンドイッチは台湾では割とスタンダードで、もちろん台湾で初めて食べたのですが(ちなみにBBQとかでも豚肉を焼いてパンにはさんで食べていた)、ほぼ赤身の部分だけを使用しているのであっさりと食べやすく、でも食べ応えのある、大好きなメニューです。

そして、他のひとが食べているメニューも気になっちゃってしょうがないので、滞在中、平日にまた来てみようと誓うのでした。

可蜜達Comida北門店
住所:台北市中正區中華路一段21巷14號
電話:+886 916 678 489
営業時間:7:00~14:00
Googlemap:https://goo.gl/maps/Ejc5bRAvNvDXqUhk6

ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村