taiwanikeko next

台湾を旅してみつけた「美味しい・たのしい・かわいい」を綴ります。

タグ:台北駅

台北駅に行くと、最近必ずチェックするのが1階中央にある「林百貨」。 ここは台南の観光名所ともいえる「林百貨」のアンテナショップ。 昨年末にオープンしたのですが、センスのいい林百貨セレクトのお土産品がぎゅっと集結しているのでお土産探しにぴったりなのです。 ... 続きを読む
台北駅に行くと、最近必ずチェックするのが1階中央にある「林百貨」。

DSC_3765

DSC_3758


ここは台南の観光名所ともいえる「林百貨」のアンテナショップ。
昨年末にオープンしたのですが、センスのいい林百貨セレクトのお土産品がぎゅっと集結しているのでお土産探しにぴったりなのです。
林百貨は日本にもゆかりのある歴史ある建物をリノベーションし、数年前メイドイン台湾の商品を集めた百貨店として蘇りました。
(その歴史などは公式サイトのこちらへ。日本語です)
屋上を含めた6階建ての建物なのですが百貨店といっても1フロアしかないのでかなりコンパクト。
でも行くと欲しいものだらけで財布の紐も思わずゆるむ、魅惑のスポットでもあります。

そんな林百貨の商品が台北でも。
オープンしたときはとてもうれしかったです。

DSC_3759


オリジナルパッケージのお菓子やドライフルーツ。
台南のお菓子ブランド「奇美」のパイナップルケーキなども手に入るのがうれしい。

DSC_3764

DSC_3761


昔わざわざ台南まで買いに行った、振發茶行の茶葉まであるのには驚いた。
この硬派なパッケージにいつもしびれます。
隣の麺も美味しそう。スーツケースに余裕があればぜひ!

DSC_3762


林百貨のオリジナル雑貨もちょこちょこと置いてあるので、そちらもおすすめ。
可愛いです!

「林百貨-台南好物產」
営業時間:10:00 ~22:00
電話: (02)6632-8999 #1131

ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村

この日、午前の予定はマッサージだったので終わった後は髪も顔もぐでぐでだろうなぁと予測していたのと、夜には友達と会う約束があったので、朝は顔だけ洗ってすっぴんで出かけて、帰ったらもう一度シャワーして身支度を整えようかなと思っていたのですが、マッサージが終わ ... 続きを読む
この日、午前の予定はマッサージだったので




終わった後は髪も顔もぐでぐでだろうなぁと予測していたのと、夜には友達と会う約束があったので、朝は顔だけ洗ってすっぴんで出かけて、帰ったらもう一度シャワーして身支度を整えようかなと思っていたのですが、マッサージが終わった後、せっかくならリラクゼーションデーにして、シャンプーしてブローもしてもらえば楽かもという考えがふと頭をよぎり、途中シャンプーできるところがあれば、飛び込みで入ってしまおうと思いながら歩いていました。

でも、中山駅の周辺でも、その後も地下街を歩いてしまったので上手に見つけることなく台北駅に着いてしまったのですが、そういえば前から気になっていたところがあることを思い出し行ってみることに。

場所は台北駅前の三越の裏。「PS55國際髮型」というヘアサロンです。

20191005台北_191007_0097



入口付近はこんな感じになっていて、日本語付きのシャンプーの案内がどどんと書いてあって、日本人ウェルカムな雰囲気が出ています。

20191005台北_191007_0095

20191005台北_191007_0094_0

お店は2階で初めて入りましたが、とっても広々。綺麗な美容室です。

20191005台北_191007_0092_0

20191005台北_191007_0089


シャンプーしたいことを伝えるとどうぞ~とすぐ通してもらいました。

こちらがメニュー。
ヘッドスパ付きなど色々なコースがありましたが、さくっと済ませたかったので300元のいちばんリーズナブルな台湾式シャンプーのAコースで。


20191005台北_191007_0078


勝地涼みたいなフレンドリーなお兄ちゃんが担当してくれました。
正直、そんな元気もなかったのでシャンプーしてくれたらなんでもよかったのですが、台湾式コースで日本人客ということでシャンプー途中に色んな形を作ってくれて、写真タイム。


20191005台北_191007_0076 (1)


なんだかんだで楽しく、勝地涼もノリノリで3~4種類くらい作ってくれました。笑
その都度、撮影し、さらには動画も撮ったりしましたが、わたしの写真載せてもしょうがないので、実際どんなのかはぜひ現地でお確かめください。

この後はシャンプー台に移動して、流してブロー。
すっぴんで顔色も最悪なのでスタンプで失礼します。

20191005台北_191007_0082

アシスタントっぽい男の子も加わり2人がかりでブロー。

特になにも伝えませんでしたがナチュラルな感じに仕上げてくれました。

20191005台北_191007_0088


たくさん笑顔にもさせてもらって、気分もとてもすっきりしました!
日本円で1000円くらいでできるので、気軽にリフレッシュするのにやっぱり台湾シャンプーはおすすめ。
日本語は不可だと思いますが、日本語メニューもあるし、シャンプーするだけなのできっと大丈夫。
日本人もよく来るよ~とお店の方も言っていましたよ。

PS55國際髮型
住所:台北市中正區許昌街14號
電話:+886 2 2388 0691
営業時間:11:00~20:00

ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村

【LINEで更新通知が受け取れます!】

 PVアクセスランキング にほんブログ村


さて、台北1日目ラスト。空港でスーツケースを受け取り、なんだかやっていると 結局、台北駅のMRTに乗れたのは最終の1本前。上記リンクの記事でも書いたけれど、23時は約35分で台北に到着する快速がもうないので普通列車に乗るしかないのだけれど、各駅なので1時間く ... 続きを読む
さて、台北1日目ラスト。

空港でスーツケースを受け取り、なんだかやっていると



結局、台北駅のMRTに乗れたのは最終の1本前。
上記リンクの記事でも書いたけれど、23時は約35分で台北に到着する快速がもうないので普通列車に乗るしかないのだけれど、各駅なので1時間くらい時間がかかるので台北駅に到着したのは0時半くらいだった気がする。

この便を使用する際の、最近のお気に入りの宿は台北駅近くのホステル「璞邸城市膠嚢旅店 Bouti City Capsule Inn」。

わたしはホテルに泊まるのも好きだけれど、ホステルも好き。

かれこれ5年前くらい、一番初めに台北へ1ヵ月ほどの短期留学をしたときに宿泊先に選んだのが、学校の寮でもホテルでもなく、ちょっとおしゃれなホステルで、そこで台湾ホステルの魅力に見事にはまった。

その後、興味もあって色んな所に宿泊してみて、ある程度の基準ができたのだけれど、わたしの選ぶ基準は共有スペースがお洒落なことと、キッチンがいい感じのところがまず大前提。
使う、使わないにかかわらず、キッチンそのものがまず好きなので、ここが素敵だと気持ちが高まる。
部屋はもしもシングルの個室があればそこを選ぶし、ドミトリールームに泊まる場合は、女性専用の部屋があって、ベッドひとつひとつにちゃんとロールカーテンなどがついていて、自分の空間をちゃんと作れること。

少し前のホステルと言えば兄弟の部屋、もしくは学校の寮、みたいな家庭用2段ベッドみたいなものが数台ぎちぎちにおいてあるようないかにも的なところばかりで、さすがに魅力は感じなかったけれど、この数年で台湾のホステルはぐっとレベルアップして、本当に素敵な所が増えている。
なんなら、ホテルもホステルも兼ねています、というようなところも大手グループホテルでも取り入れたりしているくらいなので旅人としては選択肢が広がってありがたいことこの上ない。

本来ならば、そんな格安のところは若い旅人たちに譲るべきなのかもしれないけれど、ちょっとだけ覗かせてね、という気持ちで長期滞在のときなどはやっぱりコストも抑えたいので利用させてもらっている。

ここ「璞邸城市膠嚢旅店 Bouti City Capsule Inn」もまた、そんなわたしの条件をしっかり満たしてくれているホステルのひとつ。
ここはオールドミトリールーム(のはず)なので女性専用ドミトリーを利用する。

部屋の写真や詳細はこちらの予約サイトで確認してもらえればと思うのだけれど、清潔感があって、明るい雰囲気。

2-1


空港線台北駅の4番出口から徒歩5分くらいで到着するのでケチくさいかもしれいけれど、余計なタクシー代がかからないのもうれしいし、24時間フロントにスタッフがいてくれる上に、出入り自由なオープンスタイルなので、飛行機が遅れてチェックインが遅くなりそうなときなども、ホテルに連絡しなきゃとか変なプレッシャーやストレスなくチェックインできるのが気に入っている。

あと、1階がちょっとしたクラフトビールバーみたくなっていて、気軽に飲めるのもうれしい。
(しかも宿泊者には50元割引券をサービスしてくれる)

2-3


水回りとかももちろん重要で、こちらは施設がまだ新しいので綺麗なのと、シャワールームが個室で広め。
個室の中にシャワーとトイレ、洗面台まであって、イメージ的にはホテルのバスルームみたいな感じ。
共有スペースのシャワールームでこういうタイプは意外となかったりするのでそこがまたお気に入りポイント。
足ふきマットも籠の中にうすっぺらいやつだけれどたくさん用意されているので、使うたびに交換できるのもいい。

前回ここに宿泊したときは、お腹が空きすぎて、西門の方の24時間営業している牛肉麺屋さんまで行ったのだけれど、徒歩15分くらいと思いのほか距離があったのと、やっぱり人通りが少なすぎて、ちょっとさすがに一人歩きはどうかと思ったので、今回ももちろん牛肉麺食べたい……とは思ったけれど、そこは我慢することにして、ホステルのすぐ近くのセブンイレブンで見たことのない台湾限定のプリングルスがあったのでそれをつまみに、1階のクラフトビールを飲んで、さっさと寝ることにした。

20191005台北_191007_0004
20191005台北_191007_0009

台湾ご当地プリングルスは「蒜頭蝦(ガーリックシュリンプ)」。でも思ったより薄味。
クラフトビールはハニービールにした。


寝る前、ベッドで横になりながらFBをチェックしていたら、ちょうどこの近所にある美味しそうなサンドイッチの写真が上がってきた。
ずっと気になっていたお店の支店みたい。朝ごはんが決まった。


ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村