taiwanikeko next

台湾を旅してみつけた「美味しい・たのしい・かわいい」を綴ります。

タグ:台湾旅行

マッサージを終えて、 本来ならランチを食べる時間帯なのだけれど、朝しっかりサンドイッチを食べていたのと、やっぱり風邪のせいかそこまで食欲がわかなくて、やりたいことも山ほどあったけれど、とりあえず一旦宿の方へ戻ろうと台北駅方面まで歩いた。確か、中山駅まで歩き ... 続きを読む
マッサージを終えて、



本来ならランチを食べる時間帯なのだけれど、朝しっかりサンドイッチを食べていたのと、やっぱり風邪のせいかそこまで食欲がわかなくて、やりたいことも山ほどあったけれど、とりあえず一旦宿の方へ戻ろうと台北駅方面まで歩いた。

確か、中山駅まで歩き、そこから地下街に入り、中山地下街を通り台北駅まで。
途中、セブンイレブンで喉が痛いときには絶対にお世話になる京都念慈菴のシロップを仕入れて、ドラッグストアで風邪のひきはじめの症状に的な錠剤を買って飲んだ。

京都念慈菴のシロップはわたしの認識では大抵どこのコンビニでも置いていある気がしたのだけれど、行きのコンビニでは見つけられなくて、代わりにとりあえず同じく京都念慈菴ののど飴(きんかん味)を買った。
発祥は香港のブランドです。のど飴は日本でもいつの間にかカルディで取り扱っていてびっくり。
うれしいけれどね。

この投稿をInstagramで見る

とりあえず、風邪の初期用にという錠剤、喉のシロップ(おいしい)、のど飴(おいしい)を投入。ドラッグストア&コンビニで。 そんなひどくはないからこそ早いうちに徹底的に。 錠剤のブランドのお湯で溶かして飲む金柑風味のドリンクもおすすめ。 いつも連れてくるポーチには正露丸糖衣A、胃薬、ロキソニン、オロナイン、虫刺されの薬は入っているけど風邪薬はもしもの時は買えばいいかなと思っています。 馴染みの日本ブランドのお薬も手に入るので、とても便利な台湾の薬局です。 ちなみにこれ系の風邪でいちばん恐れていることは鼻詰まりからの味覚がなくなること。それだけはなんとしても避けたいゆえのこの必死さ。笑 食べもの以外のこんなこととかも、わたしのささいな経験が誰かのお役に立てたらうれしいなと思っています。 そんな中でのお知らせひとつ。 よくばりたびこさんのインスタアカウントをつくりました。 @yokubaritabiko 更新情報などはそちらでお知らせしていきますので、フォローしていただけるとうれしいです。引き続きよろしくお願いします。

コバシイケ子 taiwan ikeko(@taiwanikeko)がシェアした投稿 -



錠剤の薬は以前台湾歴が長い日本人の方が、ここの風邪薬をくれたことがあって、悪くなかったのでそれから風邪の時はここの薬を飲んだりしています。

そして、結論としては「京都念慈菴」のシロップ「蜜煉枇杷膏」はやはり肌身離さず持っていたいアイテム。
イメージ的には浅田飴。
この写真にある箱の中にはチューブタイプのが5つ入っていて、1日3~5袋が適量らしい。
友達は「人間用ちゅーる」という言葉を仕入れてきて、それを聞いた日からからわたしももうそうとしか思えないのだけれど(笑)、猫のことでも考えながらゆっくり丁寧にちゅーちゅー吸っていると、ちょっと喉が楽な感じになります。

しっかり甘めの漢方の味。各種喉にいい漢方素材と蜂蜜、麦芽糖、蔗糖などの各種甘み成分がブレンド。無糖もあるのですが、わたしはどっしり甘いこちら派です。

いつも買って帰ろうと思いつつ、日本に持って帰りそびれるのですが、台湾暮らしのときにはお家やポーチには常備してあって、やばいと思ったら吸っていました。

万が一、台湾旅で喉の異変を感じたらぜひ早めにトライを。
これの愛用者は本当に多いです。


ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村

お待たせしました。いよいよここから食べまくります。が!しかし!ホステルの1階で無事到着を祝ってハニービールを飲んでいい気分で眠ったはいいけれど 起きたらなんだか喉に違和感!!!えーやだーーーー。涙そしてなんだかわかるんです、ああ、これはちょっと悪化するやつ ... 続きを読む
お待たせしました。
いよいよここから食べまくります。

が!しかし!
ホステルの1階で無事到着を祝ってハニービールを飲んでいい気分で眠ったはいいけれど



起きたらなんだか喉に違和感!!!
えーやだーーーー。涙

そしてなんだかわかるんです、ああ、これはちょっと悪化するやつだ……って。

思い起こせば出発前、家の人がいやーな感じの咳やくしゃみをしていたり、飛行機でもごほごほしている台湾人が近くにいたんですよね……。
この日に限って飛行機でもマスクをしていなくて、深ーく反省。
この時期の移動はやっぱりマスク必須です。そして家の人!!!憎い!!!

くそーーーー(失礼w)って思いながらも、これ以上ひどくならないように、味覚だけはなんとかなくならないようにと一週間頑張ろうと決意。

結局、最後まで風邪は治らず、だんだん声も出なくなるし、ちょっとたぶん途中熱があったり、味覚も完全にない!っていうのは免れたのですが、ノーマルではない感じでした。

それでもこのあと食べまくりのブログになるので、ほんとに風邪??って思われるかも知れないのですが、ほんとはこんなもんじゃないのです。涙
結局風邪は帰国後も3週間ぐらいずるずるとずっと変な声で咳をし続けるという結構悪質なやつでした。

なので今回の10月はわたしにとっては結構不完全燃焼。
(それなのに帰ったら安定の2㎏増だったのが本当に不本意!笑)

でも最後までお付き合いいただけたら幸いです。



さて、前日の夜、チェックしていたFBに上がってきていたのは
トーストサンドが有名なお店「可蜜達Comida北門店」

DSC_3743


もともと台北の繁華街、森林北路にお店を構える人気店なのですが、いつのまにか北門にも支店が出来ていたようです!


台湾好きの方ならばきっとこのビジュアル、見たことあるのでは。というか食べたことある人も多いかな。

DSC_3755


わたしも一度食べてみたい!と思いながらも人気店なのできっと混んでるんだろうなぁ(待つの苦手)と、台北に住んでいた時もここからは離れた場所に住んでいたので、わざわざ行ったことはなかったのですが、なんとホステルからは徒歩5分!行くに決まってる!


お店の場所はマップだとこちら。



路地にあります。


DSC_3742


カフェっぽい可愛い外観で、店内も大きなテーブルとカウンター、2人掛けテーブルが2席ほどと小さいながらも結構な人数が座れるようになっていました。


20191005台北_191007_0015

この日は土曜日だったので結構な混雑ぶり。
午前10時頃だったと思います。
この辺りは土日でもそんなに人は多くないと思うのですが、さすが人気がありますね。

先にレジで注文とお会計をして、番号札をもらい、商品が来るのを待ちます。

メニューはこちら。日本語もあるのでわかりやすいのですが、
20191005台北_191007_0171

あの有名なチーズでろでろサンドが一体どれなのかがよくわからなかったので店員さんに画像を見せて聞きました。笑

そしたらあれは「起司肉蛋雙重奏」というものらしい。
で、辛いのはいる?と聞かれたので「いる!」と答えると、それの辛いバージョンは「鬼椒」というスパイスの入った「鬼椒起司肉蛋雙重奏」らしいです。

周りの人が食べているものを観察しながら待っているとやってきました。

メニューの50番、炭焼きサトウキビミルクティーと鬼椒起司肉蛋雙重奏です。

DSC_3751

中の目玉焼きは半熟かしっかり焼きかを選べるのですが、そこはもちろん半熟で。
豚肉、半熟目玉焼き、ダブルチーズがいい具合にとろけています。パンもちゃんと美味しいのが素敵なところ。

鬼椒は胡椒っぽい味がしました。ただ、通常の4倍くらい入れていそうな感じの胡椒のスパイシーさを感じます。唐辛子の辛いのは好きだけれど、これはちょっと胡椒の辛さが際立つ感じがして、次回はなしの方でもいいかな、と思ったのが個人的感想。

ビニール手袋をくれるのでそのまま手でがぶりついて食べるのですが、一気に食べ終わるくらいの美味しさでした!
こういう豚肉のソテーが入っているサンドイッチは台湾では割とスタンダードで、もちろん台湾で初めて食べたのですが(ちなみにBBQとかでも豚肉を焼いてパンにはさんで食べていた)、ほぼ赤身の部分だけを使用しているのであっさりと食べやすく、でも食べ応えのある、大好きなメニューです。

そして、他のひとが食べているメニューも気になっちゃってしょうがないので、滞在中、平日にまた来てみようと誓うのでした。

可蜜達Comida北門店
住所:台北市中正區中華路一段21巷14號
電話:+886 916 678 489
営業時間:7:00~14:00
Googlemap:https://goo.gl/maps/Ejc5bRAvNvDXqUhk6

ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村


さて、台北1日目ラスト。空港でスーツケースを受け取り、なんだかやっていると 結局、台北駅のMRTに乗れたのは最終の1本前。上記リンクの記事でも書いたけれど、23時は約35分で台北に到着する快速がもうないので普通列車に乗るしかないのだけれど、各駅なので1時間く ... 続きを読む
さて、台北1日目ラスト。

空港でスーツケースを受け取り、なんだかやっていると



結局、台北駅のMRTに乗れたのは最終の1本前。
上記リンクの記事でも書いたけれど、23時は約35分で台北に到着する快速がもうないので普通列車に乗るしかないのだけれど、各駅なので1時間くらい時間がかかるので台北駅に到着したのは0時半くらいだった気がする。

この便を使用する際の、最近のお気に入りの宿は台北駅近くのホステル「璞邸城市膠嚢旅店 Bouti City Capsule Inn」。

わたしはホテルに泊まるのも好きだけれど、ホステルも好き。

かれこれ5年前くらい、一番初めに台北へ1ヵ月ほどの短期留学をしたときに宿泊先に選んだのが、学校の寮でもホテルでもなく、ちょっとおしゃれなホステルで、そこで台湾ホステルの魅力に見事にはまった。

その後、興味もあって色んな所に宿泊してみて、ある程度の基準ができたのだけれど、わたしの選ぶ基準は共有スペースがお洒落なことと、キッチンがいい感じのところがまず大前提。
使う、使わないにかかわらず、キッチンそのものがまず好きなので、ここが素敵だと気持ちが高まる。
部屋はもしもシングルの個室があればそこを選ぶし、ドミトリールームに泊まる場合は、女性専用の部屋があって、ベッドひとつひとつにちゃんとロールカーテンなどがついていて、自分の空間をちゃんと作れること。

少し前のホステルと言えば兄弟の部屋、もしくは学校の寮、みたいな家庭用2段ベッドみたいなものが数台ぎちぎちにおいてあるようないかにも的なところばかりで、さすがに魅力は感じなかったけれど、この数年で台湾のホステルはぐっとレベルアップして、本当に素敵な所が増えている。
なんなら、ホテルもホステルも兼ねています、というようなところも大手グループホテルでも取り入れたりしているくらいなので旅人としては選択肢が広がってありがたいことこの上ない。

本来ならば、そんな格安のところは若い旅人たちに譲るべきなのかもしれないけれど、ちょっとだけ覗かせてね、という気持ちで長期滞在のときなどはやっぱりコストも抑えたいので利用させてもらっている。

ここ「璞邸城市膠嚢旅店 Bouti City Capsule Inn」もまた、そんなわたしの条件をしっかり満たしてくれているホステルのひとつ。
ここはオールドミトリールーム(のはず)なので女性専用ドミトリーを利用する。

部屋の写真や詳細はこちらの予約サイトで確認してもらえればと思うのだけれど、清潔感があって、明るい雰囲気。

2-1


空港線台北駅の4番出口から徒歩5分くらいで到着するのでケチくさいかもしれいけれど、余計なタクシー代がかからないのもうれしいし、24時間フロントにスタッフがいてくれる上に、出入り自由なオープンスタイルなので、飛行機が遅れてチェックインが遅くなりそうなときなども、ホテルに連絡しなきゃとか変なプレッシャーやストレスなくチェックインできるのが気に入っている。

あと、1階がちょっとしたクラフトビールバーみたくなっていて、気軽に飲めるのもうれしい。
(しかも宿泊者には50元割引券をサービスしてくれる)

2-3


水回りとかももちろん重要で、こちらは施設がまだ新しいので綺麗なのと、シャワールームが個室で広め。
個室の中にシャワーとトイレ、洗面台まであって、イメージ的にはホテルのバスルームみたいな感じ。
共有スペースのシャワールームでこういうタイプは意外となかったりするのでそこがまたお気に入りポイント。
足ふきマットも籠の中にうすっぺらいやつだけれどたくさん用意されているので、使うたびに交換できるのもいい。

前回ここに宿泊したときは、お腹が空きすぎて、西門の方の24時間営業している牛肉麺屋さんまで行ったのだけれど、徒歩15分くらいと思いのほか距離があったのと、やっぱり人通りが少なすぎて、ちょっとさすがに一人歩きはどうかと思ったので、今回ももちろん牛肉麺食べたい……とは思ったけれど、そこは我慢することにして、ホステルのすぐ近くのセブンイレブンで見たことのない台湾限定のプリングルスがあったのでそれをつまみに、1階のクラフトビールを飲んで、さっさと寝ることにした。

20191005台北_191007_0004
20191005台北_191007_0009

台湾ご当地プリングルスは「蒜頭蝦(ガーリックシュリンプ)」。でも思ったより薄味。
クラフトビールはハニービールにした。


寝る前、ベッドで横になりながらFBをチェックしていたら、ちょうどこの近所にある美味しそうなサンドイッチの写真が上がってきた。
ずっと気になっていたお店の支店みたい。朝ごはんが決まった。


ブログランキング参加しています。
いいねボタンがないので
↓こちらをクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村


前回の記事でちらりと書いた20代のお友達が利用したKKDAY。 台湾に本社があるインターネットオプショナルツアーサイトなのですが、だからこその台湾プランの充実度がすごい。今日の記事では3泊4日で九份も台中も行きたい!と言っていた彼女たちが利用したプランを掲載してお ... 続きを読む
前回の記事でちらりと書いた20代のお友達が利用したKKDAY



台湾に本社があるインターネットオプショナルツアーサイトなのですが、だからこその台湾プランの充実度がすごい。
今日の記事では3泊4日で九份も台中も行きたい!と言っていた彼女たちが利用したプランを掲載しておきます。

わたしもこれまでKKDAYさんプランを体験させていただいて、そのどれもこれもが満足度の高いものだったのでリアルに友人知人にもおすすめをしています。

それは、自分が台湾旅初期の頃、例えば九份に行きたかったのにいまいちアクセスの仕方がわからなくて行けなかったり、無事行けても帰り方の難易度がなかなか高かったり、あまりの人の多さにかなり体力を奪われたりと、最終的にはなんとかなったけれど、それなりの苦労をした上に貴重な旅の時間も体力も消費してしまった経験があるから、プチトリップ系は台湾といえどリスクは高めと思っているのと(だからこそ鍛えられたのもありますが)、せっかく安くて便利なものがあるのだから、利用するものは上手に利用して、大変な思いはなるべくせずに、お得に楽しく思い出いっぱいで日本に帰ってきてほしいと思っているからです。

また、前置きが長くなってしまいましたが、あとはさくっと行きますね。笑

まず台北ではこちらのプランを利用したそうです。

①24時間空港で受け取り可能なポケットWi-Fi




②九份・野柳・十分を巡るKKDAYオリジナルバスツアー
なんと料金が1名1600円!夜の九份にこだわらなければ超お得なツアーです。




そしてお次は台中

①新幹線20%OFFチケット(台中まで片道1760円)
移動はバスと迷っていたけれどKKDAYなら外国人限定で20%OFFでチケットが帰るので新幹線をおすすめ。1時間もかからず台中に到着です。
しかも!2020年1月20日までは外国人限定で2枚購入すると1枚無料
このチケットは台北発と台中発でひとつずつチケットを購入する必要があります。

(台北発)外国人限定で2枚購入すると1枚無料


(台北発)1名用



(台中発)外国人限定で2枚購入すると1枚無料


(台中発)1名用



②高美湿地シャトルバスツアー(1447円)
これはわたしも今まで存在を知らなかったのだけれど、宮原眼科で15時にピックアップしてくれて高美湿地まで連れて行ってくれるツアーです。お値段もお手頃で素晴らしい。


帰りは台中の大きな夜市「逢甲夜市」または新幹線の台中駅で下ろしてもらえます。
時間も有意義に使えるし、ピンポイントで利用できるのですごくいいなと思いましたよ。
本人たちも高美湿地は実際に行ってみると思っていたよりも遠かったから利用してよかったって本当に思いました!って言っていました。

IMG_20171202_215304_189
せっかく台中に行くのなら高美湿地はやはり一度は行っておきたい。
ただ冬季は寒いのと風が強いので防寒対策をしっかりと。



今の時期だとお正月旅のプランを立てている方も多いんじゃないかなと思うのですが、こういったツアーのほかにもレストラン予約スパ・マッサージ空港送迎やチャーターなんかもあるのでよければご参考までに!

ちなみにわたしの一番のお気に入りプランは台北101にあるSPAのこちら


ご褒美旅にぴったりですよ。



では本日はここまで!
次回はまた旅に戻って初日の宿泊先のことを書く予定です。



ブログランキング参加しています。
応援クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村

実は台北に行くのは6月以来4ヵ月ぶり。7月にメディアツアーで高雄に長めに滞在していたのだけれど、あの時は台北にはいかず、高雄と台南を楽しんでいた。こんなに日が開いてしまったのは日本に戻ってきて以来はじめて。変わらないんだろうけど変わってそうだなぁと思いながら ... 続きを読む
実は台北に行くのは6月以来4ヵ月ぶり。
7月にメディアツアーで高雄に長めに滞在していたのだけれど、あの時は台北にはいかず、高雄と台南を楽しんでいた。

こんなに日が開いてしまったのは日本に戻ってきて以来はじめて。
変わらないんだろうけど変わってそうだなぁと思いながら旅立った。

今回は久々だからこその偵察とよくばりたびこのサイトでいくつかのホテルとコラボレーションさせてもらうことになっていたからそれがメイン。

札幌(新千歳)からはありがたいことにエバー、チャイナエアライン、LCCのスクート、ピーチが毎日飛んでいる。
行ったり来たりする身分にはLCCの存在が本当にありがたい。

特にLCCはスクートが時間帯的にも悪くないのと比較的ゆったりとした座席、シンガポールの航空会社なのでどことなく明るい雰囲気なのが気に入っている。

その日は19:30千歳発ー22:35台北桃園着のスクート便を予約していた。
千歳空港は施設が充実していて見るのも結構楽しいので、いつも2時間半前くらいに到着するように向かっているのだけれど、国際線が拡張されてかなり広々とした感じになっていて、導線がいつものようにいかなくて結構戸惑った。
ある意味、国際線のあのコンパクトさが魅力だったのに、手荷物検査場までも歩くし、さらにそこから搭乗口までも歩いた。
これからどんどん(オリンピックとかもあるようだし……)利用者は増えるのだろうけれど、まだまだがらんとしていて寂しげ。
久々に利用される方は余裕をもっていった方がよいです。

でも!
出国手続きを終えた後の制限エリアの充実ぶりがなかなかもので、かなり立派なフードコートが出来ていた。土曜日にもかかわらず夜6時過ぎはかなりがらがらだったけれど…。

この新千歳空港の新しい国際線ターミナルについてはFMノースウェーブのタイ番組「Sabaai Sabaai!Thailand」の城野さんが番組ブログですごく詳しく書かれていてかなり参考になります。
https://www.fmnorth.co.jp/sabaai/1788/

そんなこんなで予定が狂ったため、搭乗前のお楽しみ、カードラウンジも遠い場所にあったので利用せず。
免税店で手土産を買う。
コラボさせてもらう取材先の方にはちょっとした手土産を渡そうと思っていたので今回は定番の白い恋人を。
日本人の友達にはおかきやカルビーのジャガイモ系のおやつ(じゃがポックル以外にも色々ある)などなど、しょっぱ系を選ぶことが多いです。チョコ系は台湾だと溶けるリスクもあるのであまり選ばないかな。ほんとはロイズの生チョコとか大好きなので差し上げたいけれど。

20191005台北_191007_0002
いまの千歳空港のお気に入りソフトクリームは国内線ターミナルビル2階わかさいも本舗の「あんぽてとソフト」。濃厚なさつまいもソフトクリームに中に餡が入ってます。
「あんぽてと」というこれのもとになったお菓子も美味しいし、お饅頭はクマのイラストのパッケージが可愛い。そうだ、ここで仲良しのお友達と翌日会う約束をしていたから大きなスイートポテトを買ったのでした。美味しかったかな。あと、ここの銘菓の「わかさいも」は芋ではなく豆でできています。道民はたぶんみんな知っていると思うけれど結構いまだに驚いてもらえる豆知識です。


台湾のこと書かずに千歳だけで終わってしまった……。笑
ではまた次回!


ブログランキング参加しています。
応援クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村

ただいま。わたしのブログ。なんだかここが恋しくなって帰ってきたよ。改めて過去の記事を読み返したらこれしか書いていなかったのかと驚いた。ちょっとだけ浮かれて無防備になんとなくキラキラして見えた場所に飛び込んでみたらそこだからこそ見えたものや素敵な出会いもた ... 続きを読む
346-taiwan-ikeko-next-SP

ただいま。わたしのブログ。
なんだかここが恋しくなって帰ってきたよ。

改めて過去の記事を読み返したらこれしか書いていなかったのかと驚いた。

ちょっとだけ浮かれて
無防備になんとなくキラキラして見えた場所に飛び込んでみたら
そこだからこそ見えたものや素敵な出会いもたくさんあったけれど
案外、無防備だからこその嫌な目にもあったりして
正直しんどいかもと思ったりしたこともあったのだけれど
なんだか頑張らなきゃなと思ってしまって
変に力が入ってしまっていた気がする3年間でした。

引っ越し先のブログでは
せっかく声をかけてもらったんだしという気持ちから
ブログとしての機能面や勝手に煽ってくる画面上のランキング
それによる無意味なプレッシャー、賑やかすぎる全体の雰囲気などなど
うっすら合わないかも、なんてどことなくもやもやが募りながらも続けてきたけれど
もういいかな、とふと思うことがあって
断ち切ることで見えてくるはずの景色が見たくて一旦リセット。
「迷ったときには手放してみる」がここ最近の座右の銘です。
そして、時々懐かしく思っていたこの場所でブログをリスタートすることに決めました。

それでも
ここを離れたその3年ほどでわたしはすっかり「台湾ブロガー」を名乗るようになり
揉まれたおかげで性格は少し悪くなり(笑)
色んな意味で腹をくくって生きられるようになりました。

いまは日本にいて、自分のサイトも立ちあげ、楽しみながら、
台湾と日本を行ったり来たりしながら引き続き情報発信を続けています。

ただ、訪れる度に台湾に対する気持ちや滞在のスタイルは変化し続けていて
街の歩き方や視点がどんどん変わってきているのがわかります。
たぶん「旅人としての視点」にまた戻っていっているのだと思うのだけれど
ここではそんな「旅人としての記録」をちょっと残していきたいなと思っています。

まずは最近の旅で最も印象的だった
2019年10月の台湾滞在について書いていきたいと思っているのだけれど
1週間くらいいたものだから、書き終えるのに1か月以上かかってしまうかもしれない(笑)。

でも、いまの自分の足で見て歩く台湾は
おそらくふつうの台湾旅とはちょっと違う気もするから残しておきたいと思ったし
ここを訪れてくださる方には読み物として楽しんでもらえたら幸いです。

20191010-12_191025_0001
10月の台湾でとても印象的だった大稻埕の夕焼け。はじめてここで夕日をみました。

実はありがたいことに公式ではないにもかかわらず
ライブドアさんにブログ運営をサポートしていただけることになり
せっかくだからということでオリジナルのブログデザインを用意していただきました。
わたしがいちばんときめく台湾の日常風景。
すでに開くたびにうれしくなる宝物です。

タイトルはここを自分の次のステージにしたいので
「taiwanikeko next」にほんのりチェンジ。

日々楽しく綴っていきたいと思っています。
改めましてどうぞよろしくお願いいたします!

コバシイケ子


ブログランキング参加しています。
応援クリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

各種SNSはこちらです。
Instagram
Twitter
Facebook
にほんブログ村