台湾大学の構内に「小木屋鬆餅」という美味しいワッフル屋さんがあるという話を聞いていて、ずっと行ってみたいなぁと思っていたのですが、その「小木屋鬆餅」を最近あちこちでみかける気がします。

HPを見てみると、東部は展開していないようですが、台湾の北部、中部、南部で展開中。

なんとなくまだまだ増えそうな気配を感じます。

どこでも気軽に美味しいワッフルが食べられるのはうれしいことです。

 

今回は師大路のお店に行ってみました。

最寄の駅はMRT台電大樓駅。3番出口をでてすぐの師大路を師範大学方面に歩くとあります。

木目調のナチュラルな雰囲気。ここも去年、気がつけばできていたお店です。

テイクアウトもできるので、お天気のいい日は目の前の公園で食べても気持ちがよさそう。

 

メニューはこんな感じです。

甜味が甘い系、鹹味がしょっぱい系です。

 

 

これはフライヤーを写真に撮ったものなのでオール中国語ですが、カウンターにあるメニューには英語も併記してあったので、商品イメージもしやすいと思います。

台湾らしくドリンクはお茶系ラインナップの充実感がすばらしい。

 

この日は朝ごはんだったので、お食事系ワッフルの「鮪魚蔬菜鬆餅」とミルクティもいいかな、と思ったのですが、コーヒー党なのでアメリカンコーヒーにしました。

鮪魚蔬菜鬆餅はツナと野菜のワッフルです。

 

お店の目の前は公園なのでほのぼの景色が広がり、このあたりは緑が多い界隈なので、台湾らしい街並みを見ながら爽やかな気分で食事ができます。

このあたりの雰囲気、好きなんですよね。

 

商品は籐のかごに入って運ばれてきました。

 

 

大きな円形のものをパタンと2つ折りにして具材をサンド。

注文が入ってから焼いてくれるのであつあつです。具材の味付けもシンプルでおいしい。

 

 

これでお値段はひとつ60元(約230円)。

甘い系のものだとさらに値段は手頃になるので、これはつい買っちゃいますね。

 

ちなみに店内の雰囲気はこんな感じでした。

テーブル席がいくつかとカウンター。

厨房にはワッフルを焼く機械がいくつも並べられていました。

オーダーが入ってから届くまでさほど待ち時間も感じなかったので、店のオペレーションもばっちりです。

 

 

 

ハンバーガーのようにがっつりお肉のボリュームタイプなどもあるので、そんなのも次は試してみたいな。

ワッフル好きとしてはさくっと好きなときに食べられるのでとってもうれしいお店です。

 

小木屋鬆餅(師大店)

台北市大安區師大路80巷2號

 

02-2362-1018

営業時間:9:30~22:30

http://www.shinemood2006.com/index.asp