昨日掲載した、ヨーロッパのプチホテルのような風格が素敵な「欧華酒店(The Riviera Hotel/リビエラホテル)」。

 

待ちに待った夕食の時間。

この日はホテル内のレストラン「地中海牛排(地中海ステーキハウス)」にて熟成肉のステーキを食べるのです。

 

 

ここリビエラのステーキレストランはインターネットの口コミサイトで1位を獲得したことがあるほど、ステーキと言えばリビエラ、みたいな感じで、その品質と味には定評があります。

 

レストランの内装はクラッシックなヨーロピアンスタイルでしっとりと、やはり非常に落ち着く空間

 

 

こちらはセットメニュー。

右側からメインを選び、左側より、前菜、スープ、サラダ、デザートを選びます。

同じメニューで単品注文も可能です。

 

 

この日は「美國杉河農場濕式熟成50天肋眼牛排(2人份) 16oz」を。

アメリカ産熟成50日ビーフのリブアイステーキ。

 

 

セットのメニューは……どれもこれも美味しそう……。

選択肢が多く迷います。

 

 

迷いに迷いましたが決定。ワインも注文し、魅惑のディナースタートです。

 

まず前菜は 新鮮生牡蠣とソフトシェルクラブの唐揚げ。

 

 

 

ホテルメイドのパンは種類も豊富。オリーブオイル、オリーブ、グリーンのものは豆のソースです。

これ、食べ過ぎたらあれだよね、なんて言いながら美味しいのでがしがし進んでしまう美味パン。

 

 

 

スープはパンプキンのポタージュとオニオングラタンスープ。熱々がすごくうれしかった。

 

 

 

色鮮やかで美しいサラダは左がインゲン豆とスモークサーモンのサラダ、右がトマトとモッツァレラチーズのサラダ。色とりどりのミニトマトが中に潜んでいました。

 

 

 

そして、お待ちかねのステーキ!!

2人分がまとめて盛り付けられています。

 

 

一口頬張るととろける柔らかさとジューシーな熟成肉の風味にどこか違う世界に飛んでいきそうでした。笑

うわー幸せだーと思いながらお肉の美味しさをしっかりと噛みしめます。

 

2種類の岩塩とマスタード、グレイビーソースに付け合せはマッシュポテトと野菜のグリル。

 

 

 

マッシュポテトもふわっふわで美味しかったな。

 

コーヒーとプチフールがサーブされ、

 

 

デザートはイチゴとシャンパンのゼリー。アクセントに黒胡椒が。もうひとつはクレームブリュレ。

こちらも鮮やかな盛り付けで思わずテンションが上がります。

甘すぎず、上品な味に仕上げてあるので満腹でもペロリでした。

 

 

 

お料理はひと皿ひと皿がとても丁寧に作られていて、お料理の温度も、味付けも、そして色鮮やかな盛り付けも、ここでこんなお料理が食べられたんだ、とイケ子としては新しい発見でした。

 

このクラシカルで穏やかな雰囲気が本当に好きなので、また頑張っておいしいこのステーキのコースを食べたいな、と小さく決意。

美味しいお料理をいただくとまた頑張ろうという気力ってやっぱり自然と湧いてくるものですね。

 

 

リビエラホテルの宿泊予約・詳細はこちらがおすすめ。

(予約サイトへ移動します)

 

歐華酒店地中海牛排館(リビエラホテル 地中海ステーキハウス)

住所:104台北市中山區林森北路646號

電話:02-2585-3258

営業時間

◇地中海牛排館(地中海ステーキハウス):11:30~14:30、18:00~22:30

◇ベーカリーカフェOeillet:11:30~21:00

FB(中国語):https://www.facebook.com/rivierataipei/