週末ステイを楽しんだリビエラホテルの(勝手に)最終回です。

 

2日目はお友達が仕事のため朝食を食べてお別れ。

イケ子はふたたびお部屋でごろごろして、チェックアウトした後に、前日に館内を見て回っていたときに素敵だなーと思った1階のケーキショップとカフェ「Oeillet」でそのままお茶して帰ることに。

 

朝食は夕食を食べた「地中海牛排」がそのまま朝食レストランになります。

洋食、和食もあり、日本のホテルみたい(最高!)。

台湾らしく、お粥やそれに合せるトッピング、蒸しまんじゅうの「包子」などもあり、見た感じ規模は大きくありませんが、充実してます。

 

 

その場で焼いてくれるオムレツがうれしい。具材は入れたいものを指定して好みのものを焼いてくれます。

パンも昨日食べておいしかったパンがふたたび。こうやって自分でカットするスタイル、好きです。

お料理も、さすがリビエラと思ったのが、ひとつひとつ丁寧に作ってあるのがわかるおかず色々。

彩りもとてもきれいです。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

イケ子は洋食、友達は和食とそれぞれ好みのものをたっぷり頂いて、こちらも充実の朝でした。

ほんと美味しかったなー。

 

これは前日夜に写真を撮らせてもらったケーキショップとカフェ。

 

ホテルメイドのパン(ハード系が多いのがうれしい)、カラフルで明らかに美味しそうなケーキ、ラムレーズンのクリームが挟まっていて感動したダッグワーズやお土産にぴったりなパイナップルケーキなどの焼き菓子などなど、いいものがぎゅっとつまったお店です。

よし、明日はケーキを食べて帰るぞと、この段階ですでに思っていました。笑

 

 

 

 

 

 

 

ケーキショップの外観もとてもおしゃれ。

この前は何度か通りかかったことがあり(この先にはルーロー飯の有名店「丸林魯肉飯」があるのです)、ずっと気になっているショップでした。

想像以上に素敵だったので本当に大満足。

 

 

さて、チェックアウトを済ませ、いざカフェへ。

ショーケースでケーキを選び、席につきました。

このクラッシックなヨーロピアンスタイル、個人的にはかなりツボで、休日にもかかわらず人は少ないし、かなりの穴場だなぁと思いました。時々ここにきてゆったりとした時間を過ごしたい。

 

 

本日もまた輝いているケーキたち。どれもこれも美味しそう!

 

 

アフタヌーンティや軽食も揃っています。

 

 

ケーキはパッションフルーツとココナッツのケーキ(130元)、お茶は東方美人茶(180元)を。

たっぷりポットでの提供がうれしいです。

しかもこんなに可愛い盛り付けに。チョコレートととバニラのソースが添えられて、ソースはケーキにかけて召し上がってくださいとのこと。

 

 

チェックインの際にフロントでパイナップルケーキ引換券をいただいていたので交換させてもらったのですが、なんとお茶していたら、当店のおすすめ商品なのでぜひ召し上がってくださいとさらにパイナップルケーキをダッグワーズをいただいてしまいました。

 

 

 

こちらでサービスしてくれた女性の店員さんも一生懸命日本語で対応してくれて、ただでさえほんわかしていたのにこのサービス。

お会計時にはサービス料が10%かかるのですが、こんなにサービス料10%に納得したサービスはいままでなかったかも知れません。

本当にリビエラホテルには終始ときめかせていただいて、気がつけば次はいつ行けるかな、って宿泊サイトで値段のチェックをしてしまったり、またあのクラシカルカフェでお茶したいなーと妄想にふけったりしています。笑

まずは台北在住のお友達と次はアフタヌーンティかな。たのしみです。

 

 

リビエラホテルの宿泊予約・詳細はこちらがおすすめ。

(予約サイトへ移動します)

 

歐華酒店 Oeillet(リビエラホテル Oeillet)

住所:104台北市中山區林森北路646號

電話:02-2585-3258

営業時間

11:30~21:00

FB(中国語):https://www.facebook.com/rivierataipei/