東京の台湾ごはん。

「also オルソー」さんのほかに行ったのは



新宿にある合作社。

IMG_2308

新宿伊勢丹に行く目的があったのですが、そういえば新宿には合作社があったはずと調べてみると、駅から伊勢丹に行く途中にあったので、もちろん立ち寄っていきました。

ここはオーナーさんが台湾人とのことで、台湾が好きな方からの評判もよく耳にしていたので一度行ってみたかったのです。

新宿駅の東南口から徒歩3分ほど。武蔵通りから少し入った路地にお店はありました。

いまどきの台湾っぽい、ロゴやデザインがお洒落な感じのお店です。
駅からも近くて、こんな家賃の高そうなところにすごいなー。

店内もこういうお店、台湾にありそうだなーと思う雰囲気。

IMG_2306
IMG_2305

ちょうどランチタイムから少しずれた時間だったこともあり店内は広くはありませんが、すぐ席につくことができました。

メニューも豊富で迷いましたが、注文したのはやはり魯肉飯。
それから豆花も。トッピングを2種類選べるとのことでピーナッツと愛玉にしました。

IMG_2298

IMG_2302

魯肉飯は濃いめの味付けととろとろに煮込まれた感じがすごく美味しい!
高菜とパクチーのトッピングも嬉しい。とても好みの味でした。

東京に到着してから1件目に訪れたお店だったので、ようやくほっと一息付けた感じ。
疲れた体に染みわたります。

豆花は寒天で固めているのかな、そんな感じの食感で、個人的にはもうすこしフルフルしている感じの方が好みでしたが、美味しくいただきました。
シロップも黒糖かな。

食べていると台湾人の若いお客さんがぽつりぽつりとやってきて、店員さんとも中国語で会話していたりと、日本に住む台湾人の方にとってもソウルフードを味わえるような場所なんだろうなと感じました。

そんな様子を見ながら食べていたので、退店するとき謝謝と思わず口からでてしまったくらい、台湾度の高いお店でした。高田馬場にもお店があるようなので、そちらも行ってみたいです。

合作社(新宿店)


◆ブログランキングにエントリーしています
応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

◆新刊が発売になりました